MENU

TOP BACK

リーダー・社員育成に役立つ習慣

2018.08.31

成果が上がる組織づくりの、チームリーダーに必要な習慣とは

成功者に聞く 「何故、成果を出せたのか」

私は、成功者と言われている方に、仲良くなったら必ず聞く質問があります。
「一代でこれだけの会社を作り上げ、社長も個人資産を築くことが出来たのは?」
という質問をさせていただきます。

みなさん、ほぼ共通して仰ること、それが・・・
「誠実で正直であったから」
「感謝と報恩の気持ちを忘れなかったから」
「謙虚に一つ一つ出来ない自分を認め、学び実践してきたから」

という答えでした。

商才ではなく、徳が最上位であった理由を考えてみたのですが、
やはり・・・
「組織として成功するには、優秀な人材が力を合わせ、共通の目的に向かって、心一つに共に働く状態をつくること」
が必須条件だということだと思います。

しかし・・・
商才は、必須だが、組織は信用・信頼と言った無形の資産や、無形の資源を中心にまとまらなければ機能しないのです。
少しぐらい能力があっても狭義の利己主義タイプは、組織の中では幹部には上がって来れない、いや幹部に上げてはいけないのです。

多くの若者が、今流行りの「自己中のすすめ」を読んで、
勘違いして道を外している現象が世の中では起きているようです。

若者だけでなく、
みんなが「自分さえ良ければ良い」と思ったら
組織も国もおかしくなってしまいます。

「何事でも他者や人々からして欲しいと望むことを、その通りに自分自身が他者や人々にすること」
これは時代を超え、人間関係の原理原則、人類の基本指針だと思います。

これを読んでいただいている皆様が
もちろん、人生で、何かを成し得るために、
「熱量」というのはとても大切だと思います。

成果を創り出すために必要なこと

情熱、想い、夢、目標、ビジョン、
言葉は何でもよいのですが、「車における”ガソリン”」のような、
「自分を前に進ませる燃料・熱量」がなければ、何かを成し得ることはできない、
と思うからです。

しかし・・・
本当に難しいのが、その「熱量」を「継続させること」です。

何かのセミナーに参加しては、熱い気持ちを持ち、
または誰かの話を聴いて、やる気を掻き立てられて、さぁと意気込んで。
自己啓発本や、先人たちの本を読んで、心震えて燃え上がる気持ちを持ったりして。

あっ、気が付くと・・・
またその「炎」が、しぼんでいってしまう。
紙ばかり燃やすが、薪には火が燃え移らない、だから焚火にならないって感じ。

ということを繰り返していては、結果・成果がでるはずもありません。

だからこそ・・・
熱量を継続する「仕組み」が大切なんですね。

そこが重要で、その仕組みづくりを習慣形成って呼んでるのです。

同じ話を聞き、同じ本を読み、同じ訓練をうけ、同じような気持ちでスタートラインに立ったとしても、
その自身の熱量を継続する仕組みを自身の中で持っているかどうか
それが、習慣を創り出す習慣なのです

『仕組み』というのは、人それぞれ色々とあるでしょう。
これで良しという絶対的普遍の法則はないですよ

決めるコトを決めて行動してください
・時間を決める・タイミングを決めることもありですし
また、他人さまを巻き込んじゃうこともありです。

そう喜ばしたい人や、自分に期待してくれる人のコトを考えるのもその一つ。
そういうのってやる気と続ける気になりますよね。

「熱量を継続」するから、それは「継続した行動」につながる。
「継続した行動」をするからこそ、「結果」に繋がっていく。
これは原則なのでしょう。

だからこそ・・・
「熱い」だけでは意味がなく、「仕組み」があってこそ、成果に繋がる。

成功者は、何をやっても成功します
それは、成果を創り出す、習慣を持っているからです。
継続する仕組みを。

私たちは・・・
今の社会に、そして未来の社会の変化に求められる、本物の人材教育事業に残りの人生をかけます。
中小企業の目的を達成するための人材づくりのお手伝いを、企業理念に。

リーダーへの資源講座

リーダーになってからの研修ではなく、リーダーになる人のための講座

対象者は、経営者・経営幹部・現リーダー職・次世代リーダーの皆さんです
経営者・経営幹部には、こういうポイントで抜擢は考えないといけないのか
現リーダー職の方には、自分の出来ているところと、足りないところはここだな
次世代リーダーの方には、こういうコトを手間の内に意識し身に付けておくべきだな
と、感じていただける2時間となっています

作業が出来る優秀な人、営業成績の良い優秀な人、もちろん大切な社員の方です。
その大切な社員の方に、「作業」や「数字」だけでなく、
ワンランク上のマネジメントが楽しく出来るようになっていただきましょう

色々とひとり悩まれている経営者、経営幹部の方は、一度ご相談ください

とはいえ・・・
いきなり申し込むのもなぁ
って方は、一度ご相談ください

ご相談はこちらから

相談無料ですよ(^^)/

皆様のお役に立てたら幸いです

お問合せcontact

まずはお気軽にご相談ください

MENU

TOP BACK