過去の講演実績表題 ◆企業様、団体様向け講演
※永続的繁栄への組織づくり※最強のチームづくり※自分が変われば、未来が変わる
◆学校関係向け講演
※未来の自分を信じる力※輝く女性への人間力育成講座※夢実現の法則
◆PTA様向け
※できる子に育つ、子育ての原理原則※最強のプラス思考のつくり方
◆習慣形成連続講座(喜働力塾)
※東京校※大阪校※名古屋校※札幌校※博多校※福島校※香川校※郡山校
◆習慣形成合宿
※1泊2日コース※2泊3日コース

   

現在募集中のセミナー情報現在募集中のセミナー情報

ナニメン 吉井雅之の旅日記

【2/2「あ~ラクしたい」って思いますよね。それ普通のコトです(^^)/】

依存から自立への習慣形成・その19

昨日の続きです

心配しないでください。

無意識でいるといつも「あーラクしたい」

なんて思うのが普通なのです。

けれど・・・

それではつまらない、
何かが足りないのです

それが・・・

充実感なのです。

しかし・・・

充実感というのは、

楽をしようとすればするほど
得られなくなります。

この二つの欲求

充実感は意識をして目標を持って

努力をしないと得られないので、

「意識の欲求」ともいわれます。

楽をしたいと思えば思うほど

「無意識の欲求」に

つまり、正反対の欲求

「楽に生きていきたい」と思えば、

・できれば自分が責任を負いたくない

・面倒なことは避けたい

・今までやったことのないことを
チャレンジする意欲はない

だって、楽じゃないからね。

って思えば思うほど、

結果、楽に生きていけなく
なってしまうのです。

私たちが得られるものは何か。

それは・・・

自分以外に何が与えられたかです。

何が与えられたかで
得られるものが変わるわけです。

楽していると

自分以外に与えられるものが

なくなってしまうということ。

だから・・・

楽に生きていけなくなってしまうのです。

では・・・

自分を活かして
充実して生きていきたい。
だと。

・自分が責任を持って物事に取り組む

・面倒なことから逃げない

・今までやったことがないことにもチャレンジしたい

もちろん努力をすれば充実した人生に変わります。

つまりこの二つの欲求は

正反対の考え方をします。

これが習慣化されてくるのです。

無意識でいるとだいたい安楽の欲求が強くなって、

安楽の方に流されて「楽をする」

そして、「つまらないな」
という習慣ができてしまうのです。

だから・・・

「楽なのにつまらないなー」

そして・・・

楽ではないと「苦しいなー」

になっちゃうのですよ。

だから・・・

安楽の欲求というのは

苦しいかつまらないかどちらかなのです。

充実感がないのです。

達成感がないのです。

感動がないのです。

成長がないのです。

みなさーーん

自分を活かして、
精一杯生きていきましょう

今日も、
誰かの笑顔を創り出すためにね

合言葉は・・・

「だいじょうぶ」

あなたは、ひとりじゃないからね

いってらっしゃ~い

あなたに出来ない理由は何ひとつない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です